活動報告
 
  予算委員会総括質問に立つ(2月27日) 2007.03
 

地域センターのサービス拡充を
問 自動交付機にて税証明書を発行すべきである。
答 税証明は21年度より対応する予定である。
問 地域センターでも区民カードの発行や転入・転出手続きの対応は。
答 職員の増員や専用端末の設置が必要となり、費用対効果を考えると困難。
問 区民カードの利用で、住民票と印鑑証明書の発行手数料が300円から200円に割引となったが、PRと効果は。
答 窓口でPRした結果、区民カード発行と自動交付機利用は確実に増加している。

基本健康診査は無料継続を
問 健診の自己負担導入は、受診抑制と医療費増大につながる。無料化の継続を。
答 今後示される、国の健診のあり方の内容に合わせ、自己負担導入も検討したい。
問 受診期間拡大の検討状況は。
答 医師会と協議が整ったため、19年度より春と秋の谷間の期間も継続して実施する。
問 医療費通知制度の検討状況は。
答 今年度より、1年間で1医療機関あたり1,000点以上の給付があったものについて通知する準備を進めている。

廃プラスチックの分別回収を
問 容リ法プラスチックは、可能な限り回収しパレットやプラスチック板としてリサイクルするなど、努力と工夫を。
答 施設の確保や収集運搬処理経費など課題も多いが、区では27年度までにリサイクル率を25%にする計画であるため、カップめんの容器やビニール袋など回収の順次拡大と、回収方法を検討する。

高島平駅前バス停の改善を
問 高島平駅前歩道のバス停は、幅が狭く、自転車の往来もあり危険である。安全性確保のため、歩道の拡幅を。
答 都と、歩道の拡幅やバス停の位置の改良を含め協議しており、何らかの形で歩行者の安全確保を図りたい。

図書館の通年開館を
問 図書館の運営で、開館日の拡大と開館時間の延長を。
答 指定管理者導入にあたり、今以上に開館時間・日数が拡大できるよう協議する。

全区的に介護予防器具設置を
問 公園や広場など、区民の身近な場所に介護予防器具を設置し、介護予防に成果を。
答 公園の新設や改修に合わせ健康遊具を設置するほか、バリアフリー重点地区に設置を予定している。

 
 
  戻る
 
 
 
◆ 板橋区議会議員 すえよし不二夫 事務所 ◆
 
住所: 〒175-0082
  板橋区高島平2-26-2-202
TEL&FAX: 03-3936-5370
e-mail: sueyoshi@minshu-itabashi.com
   
◆ 板橋区議会控室 ◆
TEL: 03-3579-2719〜2720
FAX: 03-3579-2737