議会報告
 
  平成14年10月定例会決算委員会総括質疑 2002.10
 
平成14年10月定例会決算委員会で民主クラブを代表し、総括質疑を行いました。 質問の要旨は以下のとおり
10月28日 決算委員会総括質疑に立つ
すえよし 特養ホームの待機者が多い。困っている度合いの高い人から入所できるようにルールを早急につくるべきである。
答弁 東京都のガイドラインの検討状況も見ながら、早急に15年度を目途に検討していきたい。

すえよし 環境保全対策として、屋上緑化について、民間助成と条例化後の効果・実績は。
答弁 民間助成につきましては、関心が高まり、13年度14件、14年度は既に10件、検討中のものが10件近く、義務化によって13件計画が出されております。

すえよし 東京湾への埋め立てゴミをゼロとするために、焼却灰の溶融スラグは、100%再活用すべきである。その見通しは。
答弁 清掃事務組合では、土木資材、建築資材等に安定的に利用を図る方針を決定してございます。

すえよし クリーンエネルギーについて、風力発電の導入を提案してきたが、その後の検討状況を。
答弁 15年度、地球温暖化対策の一つとして取り入れる。エコポリスセンターの40万KWの半分の20万KW程度の予算を要求している段階でございます。

すえよし 本庁舎の窓口延長について提案をして、火、木曜日実施して頂いているが、区の内外にPRすべきである。
答弁 23区共同してPRすることについて、担当課長会で検討中です。

すえよし 住基ネットは、区民にとっても利用価値の高いものでなければならない。また、板橋区にとってどういう利便性があるのか。
答弁 事務の迅速な処理を中心として、合理化につながり、区民にとっては、申請の時点で時間のかかることや経費のかかる部分が省略される。

すえよし 財産の分散管理、危険防止の点から、住基カードに印鑑登録の情報を加えるべきではない。
答弁 委員の質問のとおり、同様な理由で、印鑑登録情報を取り入れることについては、慎重にすべきだと考えています。

すえよし 少子化傾向をくい止める方策として、外国では、育児休暇、年金制度、保育環境の整備などが充実されているが、当区としては、どう考えておられるか。
答弁 未婚率の上昇、晩婚化、育児の心理的、肉体的負担、教育費等の子育てコストの増大も要因の一つとして、社会全体で取り組むべき課題、子育て環境の整備を図る。都、国にも費用の補助、助成を要望している。

すえよし 財源確保対策で、当分の間、利用計画のない未利用地は売却すべきである。
答弁 15年度の経営改革で、処分を含む用地の多様な活用策を考えていきたい。

すえよし 体育施設の駐車場は夜間も有料で開放を。その他内部努力の具体策を。
答弁 需要の有無、採算性、周辺の住環境への影響も考えなければならない。

すえよし 収入、支出の差額が大きい文化会館(6億円)、保養所(5億円)、体育館(7億円)などの運営に当たっては、一層の経営努力を求める。
答弁 魅力ある事業を実施いたしまして、さらなる利用者の増加に努め、各収入の確保に努める。

すえよし 図書館の土、日の時間延長を主張してきた。今回、委託によって、土、日、祝日の時間延長を実施するとのことであるが、開館日も拡大すべきである。 
答弁 閉館日を縮められると理解しているので、日数の増につながるであろうと思っている。

すえよし 高島平駅にエレベーター設置を要望してきたが、その予定は。西台駅と他の駅についての見通しは。
答弁 高島平は年内に着工し、来年秋頃には利用できる予定です。西台駅については、都と協議中ですが、15年の花火大会には間に合わせたい。他の駅に着いても増設するよう要請していきたい。

すえよし 荒川河川敷に盛り土して、上部の整備計画は。荒川グランドへの進入路の車道を安全上、早急に拡幅を。
答弁 先日、文書でもって、坂道の拡幅と盛り土の工事をあわせて荒川下流工事事務所に要望しています。

すえよし 河川敷に予定しているデイキャンプ場には、最低限、水洗トイレ、洗い場は備えるべきである。
答弁 今年度から3ヶ年で整備する予定であるが、今年中に構想案をまとめて、提案の問題についても検討していきたい。
 
 
 
  戻る
 
 
 
◆ 板橋区議会議員 すえよし不二夫 事務所 ◆
 
住所: 〒175-0082
  板橋区高島平2-26-2-202
TEL&FAX: 03-3936-5370
e-mail: sueyoshi@minshu-itabashi.com
   
◆ 板橋区議会控室 ◆
TEL: 03-3579-2719〜2720
FAX: 03-3579-2737