議会報告
 
  平成12年2月定例会一般質問 2000.02
 
質問者 すえよし不二夫

夕食配食サービスについて
【質  問】(1)介護保険受給者と事業者間のトラブルに対して区の苦情相談室は改善命令等の権限をどこまで発揮できるのか。(2)特養待機者の解消を。(3)夕食配食サービスが予算化されたことを評価する。事業定着のため、区や民間の職場におけるボランティアグループの活用も検討されたい。
【区  長】(1)利用者の立場で代弁者機能を果たし、あっせん、調停を行う。サービスの質に問題があれば改善を求める。(2)自由契約が原則だが、待機順序を極力尊重するよう協力依頼する。(3)創意工夫の選択肢として研究し、委託法人にも伝えたい。

クリーンエネルギーの活用を
【質  問】クリーンで無尽蔵な太陽エネルギーの活用促進について伺う。(1)太陽エネルギー活用に対する民間助成の実績と評価は。(2)公共施設への導入拡大と予算措置を。(3)民間助成の拡大を。
【区  長】(1)大変好評で、当初の予定を大きく上回ったので補正予算を組み、積極的に対応したい。(2)12年度に改築予定の志村坂上出張所、小桜保育園に導入予定。(3)積極的な推進が必要であり、今後も設置助成の拡大に努める。

親切行政の推進を
【質  問】(1)戸籍事務迅速化のためOA化の推進を。(2)限られた繁忙期だけでも窓口の時間延長や土曜開庁を。その際には人員増を招かぬよう勤務編成の工夫を求める。
【区  長】(1)約10億の経費が必要。議会とも相談したい。(2)検討会を設置し、職員の配置体制も含めて検討したい。

行財政改革の進捗状況は
【質  問】学校警備員は12年度末に転職を完了する予定になっているが進捗状況は。また、学童擁護員の委託化も昭和60年度に決定してから15年が経過したので現状を伺う。
【区  長】諸般の事情で13年度末に完了する予定となった。現在学童擁護員は21名。転職促進を図る。

学校教育の充実を求めて
【質  問】(1)中学校での外国人講師導入による成果は。(2)小学校でも英語教育、特に英会話の先進的導入を。(3)教職員の採用は人物本位とし、民間企業経験者も対象とするほか、研修内容も接客等を経験させ、世間の風を学べるように取り組まれたい。
【教育長】(1)英語の聞き取り能力が向上したほか、外国人と接しても緊張しなくなるなど効果があった。(2)全小学校で外国人を講師に体験学習として「世界なかよし教室」を実施している。(3)教職員は豊かな社会性、専門能力を備えた人材の採用を関係機関に働きかける。研修については接客を伴う民間企業など受け入れ先の開拓に努力したい。





 
 
 
  戻る
 
 
 
◆ 板橋区議会議員 すえよし不二夫 事務所 ◆
 
住所: 〒175-0082
  板橋区高島平2-26-2-202
TEL&FAX: 03-3936-5370
e-mail: sueyoshi@minshu-itabashi.com
   
◆ 板橋区議会控室 ◆
TEL: 03-3579-2719〜2720
FAX: 03-3579-2737