議会報告
 
  平成16年4月18日 代表質問 2004.4
 
特別職の退職金廃止を
【質問】
1、板橋区の財政状況を他区と基金残高、区税収入等で比較すると非常に悪い。この要因と区長の認識は。
2、若年層を受け入れやすい住宅政策で人口構成の標準化を。
3、特別職は任期ごとに多額の退職金が支給されるが、民間では考えられないことである。区長同様廃止の英断を。
4、翌年度課税の住民税は、退職時や失業時に負担が大きく、それが未納にもつながる。所得税と同じ現年課税とし、年末調整する法改正について区長の見解は。
5、申告・納税の繁忙期である2〜3月には土日開庁で対応を。
6、当面、利用計画のない未利用地は積極的に処分するべきでは。
7、出張所は統廃合せずに、自動交付機の導入で定数の削減が効果的では?また、統廃合により収納率も低下するのでは。
【区長】
1、地域状況、財政環境等の違いから、所得税減税、補助金削減等が与える影響の度合いが違うのが大きな要因。
2、板橋区の個性を大切にしたまちづくりを推進する。
3、助役以下特別職の退職金の支給率、算定基礎となる給料月額は減額してきている。今後とも区政経営、社会情勢等の変化を見極め総合的に判断したい。
4、改正時に2か年分の住民税の負担を強いることなど諸問題がある。国への働きかけは検討したい。
5、今後、毎週火曜・木曜日の午後7時までの申告受付、土曜開庁についても検討していく。
6、16年度に未利用地8か所と廃止する伊香保荘の売却を予定している。
7、時間延長等のサービス向上を視野に入れた場合、定数減では対応できない。6区民事務所、18地域センター体制で、口座振替の積極的な勧奨、日曜納付相談、公共施設での臨時窓口開設、納付書の改善等で収納率低下を招かぬよう対応したい。

区役所前駅にエレベータを
【質問】
1、区役所前駅エレベータ設置は、16年度着工を求める。
2、東京都は16年度27か所のエレベータ設置を予定しているが、ぜひ三田線の駅に設置されるよう働きかけを。
3、歩道の道路占有規制が大幅に緩和されたのをよい契機に、区内のバス停留所に屋根とベンチを計画的に整備していただきたい。
4、以前から改善を指摘している荒川河川敷への進入路拡幅の協議結果は。
【区長】
1、東京都交通局から17年度着工に努力するとの回答がある。
2、志村三丁目駅が16年度設置計画に入っている。他の駅も22年度までの早い時期に設置を要請する。
3、板橋区では15年6月に屋根の設置条件を緩和している。今後も、利用者の利便性の確保に向け、バス事業者に計画的設置を要請していく。
4、国土交通省との協議で、区が施工、管理する条件で認めるとのことである。17年度工事に向け協議を続ける。


16年度着工の志村三丁目駅

少子化対策の充実を
【質問】最も望ましい少子化対策は、保育サービスの充実であると内閣府の調査結果がある。その中では「働く者の多様な需要に対応した保育サービス」が求められている。区立保育園に、延長保育と0歳児保育の改善を求める。
【区長】延長保育は約47%、0歳児保育は83%の園で実施。今後も、地域の特性、保護者の要望等を踏まえ対応する。

戸籍事務の電算化で謄本等の即日交付を
【質問】板橋区では戸籍関係の届をしても2週間位しないと戸籍謄本が交付できないのが現状である。16年度からの電算化で改善されるのか。
【区長】16年11月に除籍分を除くシステムが稼動する。これにより即日発行を目指す。

図書館は土日の時間延長を
【質問】全国に先駆けて祝日開館と通年開館してきたことは評価する。しかし、議会で採択されている土日の午後7時までの時間延長は、いつから実施されるのか。
【教育長】16・17年度の2か年で坂下図書室を除く全館を一部業務委託する。これにともない、土・日・祝日の開館時間を午後6時まで延長する。さらなる時間延長は新基本計画策定に合わせて、図書館のあり方の中で検討する。

 

 
 
 
  戻る
 
 
 
◆ 板橋区議会議員 すえよし不二夫 事務所 ◆
 
住所: 〒175-0082
  板橋区高島平2-26-2-202
TEL&FAX: 03-3936-5370
e-mail: sueyoshi@minshu-itabashi.com
   
◆ 板橋区議会控室 ◆
TEL: 03-3579-2719〜2720
FAX: 03-3579-2737